鹿児島県公式キャラクター | ぐりぶーオフィシャルサイト

鹿児島PRキャラクター ぐりぶー

ぐりぶーのブログ

2014.07.12 北薩摩エリア

ぐりぶー 武家屋敷の謎に挑むの巻【前編】

01新緑が目にまぶしい季節 ☆

鮮やかな緑と日差しが目にまぶしい季節になってきたぶ~
季節ごとに色とりどりの季節の花が咲いて、一見穏やかに見える武家屋敷群だけど、実は色々な謎や秘密が隠されているみたいなんだぶ~!
じゃぁ、さっそく、その謎に挑むべく、出発するぶ~!

おつ、向こうにお仮屋馬場とお堀が見えてきたよ。

02緑のきれいな季節 ☆

お堀の水は、背後にある城山からのきれいな山水なんだぶ~。

03オカイヤンババ ☆

お仮屋馬場の幅は、12.6メートルあって、ここで武士たちが乗馬や武術の訓練をやっていたんだって。

04天然の要塞 ☆

案内板の図を見ると、入来麓武家屋敷群の周囲は、西に中世の山城である清色城、北に向山、東に清色川が流れて堀の役割を果たしていて、天然の城塞になっていることが分かるぶ~。

05防衛システム ☆

入来の武家屋敷は、防衛上、色々な工夫がされているんだぶ~。
例えば、この武家屋敷のように、入り口から母屋まで、一回あるいは複数回、折れ曲がってたどり着くようになっている所が多いんだぶ~。

玉石垣の上には、生垣として、また自宅でお茶を飲む為として、茶の木が植えられている場合が多いけど、実は外から屋敷内を見えにくくする意図もあるんだって。

06お茶の木 ☆

さて、突然だけど、今、ボクがどこにいるか分かる?

07堀つぼって言うんだよ ☆

ここだよ、ここ~!
玉石垣の途中のくぼんだ所に隠れていたんだぶ~。
入来武家屋敷群には、こういった堀つぼって呼ばれるところがいくつかあるんだよ。
この堀つぼ、敵を待ち伏せするために作られたのではと言われているんだけど、本当の所は、分かっていないんだぶ~。

【後編へ続く!】

【記事協力:謎のおごじょさん】